雛人形はどう選べばいい?プロがお薦めする雛人形の選び方

娘さんが生まれて、初めて過ごす3月3日のひな祭り。
「せっかくの初節句なので、盛大にお祝いしたい!でも雛人形ってどれも同じように見える・・・」
という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は雛人形の選び方について
「人形の久月」正規代理店である私達がご説明させていただきます。

雛人形を選ぶ際に必ず見るべき3つのポイント

1:お雛様、お内裏様のお顔

「ひな人形は、お顔が命」
そういった言葉をご存知の方もいるんではないでしょうか?

おひな様の顔は娘さんに似た顔や「こんな顔になってほしい」という好みを交えて
選ぶことが大切だと言われています。

また、おひな様だけではなく、お内裏様の顔も重要です。

眉が長いお内裏様が現代風

そもそも、ひな人形は宮中の結婚式を模しているって知っていましたか?
おひな様がお子さんの結婚式の際のお顔、お内裏様が将来の旦那様のお顔を
模していいます。

そのため、将来の旦那様のお顔も理想の男性がそれぞれ違うと思いますので
きちんとチェックしてください。

また、 同じお顔であっても、ひな人形は一つ一つ手作りのため
化粧の付け方が違う事もありますので画像だけではなく、実際に見てみる事が重要ですよ!

2:個性が際立つ豪華な衣装

「衣装の差が値段の差」とも言われる程、
ひな人形の衣装は材質、色、作り方が様々です。

大きくは化学繊維が入っているか、いないかによって違いが出てきます。

見分け方は、
実際に触った際にテカリやごわつきがあったら化学繊維を使っている
思っていただければと思います。

逆に柔らかさやなめらかな光沢があったら、それは絹で作られているものです。

ただし化学繊維と絹が混ざったものもあるので
実際に目でみて、触ってチェックしていただくのが一番です

3:置けなかったら意味がない!ひな人形の大きさ

顔、着物の次はひな人形の大きさをチェックしてください。
飾る場所に合った大きさを選んでいただくのが良いとされています。

最近特に多いのが「マンションだからスペースが・・・」というお声

そういったお声に各種メーカーも対応し、

男雛・女雛が並んだ親王飾り


段飾りになっているけれど全体的にコンパクトにしたタイプ


木目込み雛人形の小さなタイプ

木目込み人形「ほのか」

様々な種類をご用意しております。

一番大切な事は、想いを込める事

雛人形の選び方を3つのポイントでご紹介しましたが、
一番は「想い」を込める事です。

そして「想い」を込めれる雛人形は、実際見た際の
フィーリングで見つかる事が多いですよ。

そのため、是非多くの雛人形を実際見ていただく事をお薦めいたします。

北風木工所店内には約40セットほど展示

是非、大切な我が子(娘さん)が喜ぶような、
素敵な雛人形を探してくださいね。

お問い合わせ

ご不明な点・お困りがありましたらお気軽にご相談ください。1営業日以内に回答させていただきます。